どうしたらMac El Capitanで4K XAVC SをFCP Xための4K Proresにトランスコードしますか?

“私はSony FDR-AX100 4Kビデオカメラを購入した、これは、すでにリリースしたのSony FDR-AX1と同じXAVC-Sコーデックを使用した。私は新しいMac ProでFCP XでXVAC-Sの映像を編集したいです。誰もがFinal Cut Pro Xでこの形式の編集の経験を持っていますか?最も感謝します。”

FCP Xで4K XAVC Sをワーク

Appleが最新バージョンのFinal Cut Pro 10.1(Final Cut Pro X)ではXAVC Sと互換性があることを主張していた。しかし、FCPフォーラムのユーザーはまだ彼らがSony AX-100/AX-1またAX-33からSony 4K XAVC Sコーデックをインポートする運がなかったと不満です。実際に多くのテストによる、彼らはFCP Xが4K XAVC Sコーデックをサポートしないと思います。

FCP Xは4K XAVC Sコーデックを非常によくサポートしていませんが、H.264、MPEG-4、特にApple Proresコーデックが支持されます。Apple Proresが特別なFinal Cut Pro Xで高性能・高品質なポストプロダクションの編集のためにアップルによって開発されました。

4K XAVC Sを4K Proresコーデックにトランスコードするために、あなたは強力なNLEビデオ編集コーデックプロデューサーが必要になります。Pavtube HD Video Converter for MacMac El Capitanを支持)はスタンドアロンおよび使い易いのアプリケーションです。このソフトを通して、FCP Xで編集ために、4K XAVC Sファイルを様々な種類の4K Proresファイルタイプに変換することができます。

  

プログラムは4K XAVC Sビデオカメラモデルとの互換性を強化しました。例えば:A7S II、RX100 IV、RX1R II、FDR-AX100Sony DSC-RX100M4、FDR-AX33、FDR-AX1、Sony FDR-X1000、DSC-RX10M II、FDR-AXP33、FDR-AXP35等。

Mac El Capitanで4K XAVC SをFCP Xための4K Proresにトランスコードの手順

ステップ1:Sony FDR-X1000 XAVC Sビデオファイルをインポート
以上のボタンをクリックして、ソフトをお使いのパソコンにダウンロード、インストール、開いてください。「+」ボタンをクリックして、Sony FDR-X1000 XAVC Sファイルをロードしてください。

Pavtube HD Video Converter for Mac

ステップ2:出力形式を選択
「フォーマット」をクリックして、ドロップダウンリストから、“Final Cut Pro > Apple Prores 422 (*.mov)”、また“Final Cut Pro > Apple Prores 422(HQ) (*.mov)”を選択してください。

ご注意:お使いMacは少し古い、遅い場合は、帯域幅を節約ために、“Apple Prores 422 (LT) (*.mov)”また“Apple Prores 422 (Proxy)”を選択してください。

ステップ3:4K XAVC Sビデオファイルを編集
鉛筆なアイコン「編集」ボタンをクリックして、「ビデオを編集」窓を開く、あなたが、オリジナルの映像と出力効果をプレイするとプレビューすることができます。また、あなたは、字幕を追加、特殊効果を適用、透かしを追加、ビデオをトリムやクロップ、音量を調整、ビデオを反転させるなどことができます。

ステップ4:変換開始
右下の赤い「変換」ボタンをクリックして、4K XAVC SファイルをFCP X支持のProresコデックのmov形式に変換することが始めます。変換終わりに、「開く」ボタンをクリックして、FCP Xにロードできるの変換したのファイルが取れます。

文章を推薦:

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converter for Macをダウンロード Pavtube HD Video Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。