MacでSony FDR-AX100からのXAVC SビデオをFinal Cut Proに変換

Sony Handycam FDR-AX100 4K Ultra HDカムコーダー

Sony Handycam FDR-AX100を通して、24p、30pでFull 4K動画が撮れます。別に、60p、24p、30pでFull HD動画も撮れます。AX100は、さらなる高感度を達成した「1.0型 Exmor R CMOS(エクスモア アール シーモス)センサー」、センサーからの膨大な情報を高速処理する「BIONZ X(ビオンズ エックス)」、そして優れた描写力を発揮する「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT」レンズを搭載。卓越した高画質技術の組み合わせにより、4Kならではの高精細映像を実現しました。二度とない思い出のシーンをリアルに再現します。

Sony FDR-AX100のXAVC Sコーデックは新しいコーデックので、広くサポートされていません。私の知る限りでは、FCP 6/7とFCP XがXAVC S 4K & HDが完璧な支持しません。だから、どうしたら解決しますか?

この問題を解決したい場合、Pavtube iMedia Converter for Macを通して、あなたはSony XAVC SをProResに変換必要です。これがベストSony XAVC S動画変換ソフトです。このツールを通して、FCPだけでなく、iMovie、Avid Media Composer、Adobe Premiere Pro等の編集ソフト支持の形式に変換することもできます。

  

Sony FDR-AX100 4KファイルをFinal Cut Proにロード、編集

ステップ1XAVC SをProResに変換ソフトを無料にダウンロード、インストール、開いてください。「ビデオをロード」ボタンをクリックして、変換したいのXAVC Sファイルをソフトにロードできます。

ヒント:

1) 必要に応じて、「一つのファイルに結合」をチェックして、いくつかのビデオクリップを一つに結合できます。

2) あなたはまた、FCP Xユーザーの場合、FCP Xは自分でApple ProRes Codecをインストールすることを請求するので、変換をしようとする前に、あなたは、Apple ProRes Codecがインストールされていることを確認することを忘れないでください。

ステップ2:FCPベスト支持の形式を選択。「フォーマット」ボタンをクリックして、「Final Cut Pro> Apple PreRes 422(*.mov)」は出力形式としてを選択してください。この形式はFCPために特別に設計します。だから、あなたは完璧に4KビデオをFinal Cut Proで編集することができます。

ステップ3:「設定」ボタンをクリックして、あなたのニーズに応じて、フレームレート、ビットレート、ビデオサイズ等を設置することができます。Final Cut Proでスムーズに編集ために、あなたはソース映像に合ったの適切な解像度とフレームレートでのファイルを作成する必要があります。

ステップ4:右下の「変換」ボタンをクリックして、Sony FDR-AX100からのXAVC SをFinal Cut Pro 6/7、FCP Xで編集ためにProResにエンコードすることが始めます。

変換終わりに、メインインターフェイス上の「開く」ボタンをクリックして、あなたが出力ファイルが見つけます。後で、あなたはエンコードしたのXAVC SファイルをFCPに転送、編集、再生できます。

文章を推薦:

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $65$52
無料にPavtube iMedia Converter for Macをダウンロード Pavtube iMedia Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。