新製品レビュー ‐ ソニーサイバーショットDSC-RX10

11月15日に発売されたSONY CyberShot DSC-RX10。有効約2020万画素の1インチ裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」搭載。35mm換算24-200mmの全域に渡ってF値2.8という大口径レンズを搭載。発売日はどの取扱店でもおおむね11万6800円で横並び。

一台でオールマイティに使えるデジタルカメラ

SONYのRXシリーズは、フルサイズのセンサーと35mmのレンズを搭載したRX1/RX1R(ローパスフィルターレス)と、小型ながら1.0型のセン サーと28-100mmのズームレンズを搭載したRX100/RX100IIがありました。モデル的に間となる10がなく、ソニーでは今回満を持して 「DSC-RX10」を追加した形になります。

このRX10は冒頭に書いたようにレンズ交換式ではありません。ジャンル的にはコンパクトカメラになります。スマートフォンがあるので、日ごろあまりコン パクトカメラには興味がないのですが、RX10のレンズを見て驚きました。24-200mm(35mm換算)をカバーするVario-Sonnar T*を搭載し、ズーム全域でF2.8をキープ。もちろん光学式の手ブレ補正機能付きです。

少しカメラに詳しい方だとご存知だとは思いますが、このレンジをフルサイズの一眼レフで持ち歩こうとすると、ズーム大三元と呼ばれる内2本、 24-70mm/F2.8、70-200mm/F2.8が必要となります。巨大で重たく2本そろえるとかなりの高額です(参考までにCanon EF24-70mm F2.8L II USMは23万円で805g、EF70-200mm F2.8L IS II USMは30万円で1490gです)。APS-Cタイプの一眼レフだと更に16-35mm/F2.8がもう一本必要です。

もちろんセンサーは、フルサイズの36mm×24mmやAPS-Cの23.4mm×16.7mmのサイズではなく、フォーサーズの約 17.3mm×13mm(4/3型)より小さい1.0型なので可能なワザなのですが、それにしても結構気合が入っています。ワイド端で24mm、テレ端で 200mm相当ですので、近所のスナップはもちろん、あまり多くの荷物を持ちたくない旅行や取材、運動会など一台で全てまかなえそうなカメラです。主な仕 様は下記の表をご覧下さい。

SONY RX10の主な仕様

撮像素子

1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor R CMOSセンサー、アスペクト比3:2

有効画素数

約2020万画素/最大5472×3648ピクセル

レンズ

カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ (レンズ構成:11群14枚(AAレンズを含む非球面レンズ7枚)、焦点距離(35mm換算):24-200mm、F値(開放):全域F2.8、虹彩絞 り:7枚、光学式手ブレ補正機能あり、NDフィルター搭載(3段分の光量低減)

画像処理エンジン

BIONZ X

ビューファインダー

0.39型 OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)、144万ピクセル

最高感度

ISO12800(拡張時ISO25600)

フォーカスエリア

ワイド(25点自動測距)、中央、フレキシブルスポット(S/M/L)、フレキシブルスポット(追尾)、フレキシブルスポット(顔追尾)

連写速度

速度優先連続撮影時:最高約10コマ/秒、連続撮影時:最高約2.5コマ/秒(AF-S時)

シャッター速度

30-1/3200秒(撮影モードによる

液晶モニター

3型約122.9万ピクセル/チルト:上に約84度、下に約43度

無線

IEEE 802.11b/g/n、NFC対応

記録メディア

メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ、
メモリースティックPROデュオ(High Speed)、
メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ*、
メモリースティック マイクロ(Mark2)*、メモリースティック XC-HG デュオ
SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I対応)、
SDXCメモリーカード(UHS-I対応)、microSDメモリーカード*、
microSDHCメモリーカード*、microSDXCメモリーカード*
*印はアダプタが必要

動画撮影機能

最大1920×1080(フルHD):60p/60i/24pなど

サイズ

129.0×88.1×102.2mm(幅×高さ×奥行き)

質量

約755g(本体のみ)

実勢価格

12万9800円前後

写真からも分かるように、レンズが巨大なのでボディは129.0×88.1×102.2mm(幅×高さ×奥行き)、重さ約755g(本体のみ)と、コンパ クトカメラとしては大きい方となります。以前掲載したCanon EOS 70Dは、139×104.3×78.5mm、重さ約675g(本体のみ)なので、少し似ている感じでしょうか。

と、書き写している時に分かったのですが、有効画素数約2020万画素、最大出力サイズ5,472×3,648ピクセルもCanon EOS 70Dと同じでした。そう考えるとプラス24-200m相当/F2.8のズームレンズを搭載しているのですから、なかなかのものです。

大口径の8.8-73.3mm(35mm換算24-200mm)/2.8 Vario-Sonnar T*

実際の焦点距離は、8.8-73.3mmとなります。Carl Zeissのロゴが何とも言えない雰囲気

メニューには単独でWi-Fi関連の設定項目があります

専用アプリ「PlayMemories Mobile」でタブレットやスマートフォンから操作可能です。NFCにも対応

PlayMemories Mobile(1/2)

カメラ側で"スマートフォン転送"を選ぶと、SSIDとパスワードを表示していますのでWi-Fiを使いダイレクトにスマートフォンと接続

PlayMemories Mobile(2/2)

機器を選び、日付のフォルダーを開くと一覧を表示します。タップすると拡大表示。コピーはローカルに写真を保存します。共有はいろいろなサービスと連動可能です

絞りと露出補正はダイヤル式とマニアック

α7同様、露出補正はダイヤル式です。全体的にメカニカルな雰囲気で、α7はもちろん、DSC-RX1(R)とも共通したデザインと言えるでしょう

テレ端200mm時 / ワイド端24mm時(35mm換算)

ワイド端の24mmでもそれなりの長さですが、テレ端の200mmはボディサイズを考えると、かなり長く目立ちます。ギャラリーに掲載した中の街中スナップでは少し気を使いました<

右側面にマイク端子、ヘッドフォン端子、マルチ端子、Micro HDMI / 左側面にメモリカードスロット

外部に接続したHDMIモニターで同時表示が可能です。充電は付属のUSB式ACアダプターを使います

3.0型(4:3)約122.9万ドットの液晶ディスプレイはチルト上に約84度、下に約43度 / フラッシュ内蔵

液晶ディスプレイが傾きますので、ハイアングルやローアングル、ウェスト位置からの撮影も容易です。EVFは、144万ピクセル0.39型、OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)です

グリップの底にバッテリー / 右下にフォーカス切り替え

フォーカスモードは、S/C/DMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)/MFと4種類で、このダイアルを使いワンタッチで切り替え可能です

圧巻の35mm換算24-200mm/2.8 Vario-Sonnar T*

24-200mmのズームレンズがどれだけ威力があるか、数字だけでは想像し難いと思い、同じ位置から24/50/100/200mmと撮影したのが以下の4枚です。

24mmや50mm程度では少ししか見えない噴水が200mmになるとグッと大きくなるのが分かります。ここまでは光学式ですが、加えてデジタルズームにも対応していますので、さらに寄ることも可能です。

AFはズーム全域でスムーズに素早く合います。ピンを迷ったシーンは皆無でした。また、T*コーティングも素晴らしく、ゴーストやフレアなどが発生している写真はありません。光学式の手ブレ補正機能も効果抜群です。

また、今回ギャラリーでは使いませんでしたが、3段分の光量を低減できるNDフィルターも搭載しています。明る過ぎる場所でもこれを使えば絞り開放で撮影できます。

またマクロ撮影も得意です。ワイド端で3cm(最大撮影倍率0.45倍)、テレ端で30cm(最大撮影倍率0.38倍)まで被写体に近づいて撮影が可能です。ギャラリーに何点か作例がありますので参考にして下さい。

ぼけ味に関しては、センサーが1.0型と小さいのでフルサイズやAPS-Cとまでは行きませんが、それでも200mm F2.8で撮影するとかなり背景がボケます。加えて7枚羽根円形絞りなので美しくぼけます。

唯一気になる点があるとすれば、バッテリーの減りが少し早めと言ったところでしょうか。電動式ズームなので、多用するとレンズが大きいだけに徐々に消費していく感じです。丸一日充電ができない状況だと、2本あった方が安心でしょう。

以上簡単ですが、SONY RX10の試用レポートとなります。撮影するまでは、正直「とは言っても所詮コンパクトカメラ......」と、思っていましたが、写りを見て驚きまし た。作品撮りでもしない限り、これ1台で取材も旅行も全て行けそうです。α7/α7Rの影に隠れた名機と言ったところでしょうか。

出典:http://japanese.engadget.com/2013/11/25/sony-rx10-24-200mm-f2-8-t-7-7r/

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converterをダウンロード Pavtube HD Video Converterをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。