Sony a6300 XAVC SビデオをFCP 7/Xで編集するの方法

Sony a6300は世界最速と世界最多な特徴がある、0.05秒のAFスピードを実現し、進化した「ファストハイブリッドAF」、425点の像面位相差AFセンサーを画面のほぼ全域に高密度で配置するとともに 新開発の「高密度AF追従テクノロジー」により動体追従性能も大幅に向上しています。Sony a6300のセンサーは、新開発の有効約2420万画素の「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを搭載し、高速性能と高感度画質を追求。さらに全画素読み出しによる圧倒的な高解像4K動画記録を実現しています。

今のSony a6300は好評販売中ので、多い人がこのカメラを買った、高解像4K動画を記録します。でも、XAVC S動画には、効率的であるが、それは編集のために理想的な形式ではありません。複雑なポストプロダクションエフェクト処理中で、品質を維持するために設計されていません。非圧縮HDフォーマットは、優れた画像品質を提供する、しかし、データレートとファイルサイズは、ワークフロー·プロセスを停止することができます。

この問題を解決したい場合、迅速な解決方法はSony a6300 XAVC S動画をFCP X/7ベスト支持の形式(Apple ProRes)に変換することです。Pavtube HD Video Converter for Macからの助けを得られ、それは楽に行うことができます。

Sony a6300 XAVC SをFCPに変換ソフトを無料にダウンロード:

  

Sony a6300 XAVC SファイルをFCPにロードするの手順

ステップ1:XAVC Sファイルをロード
あなたはソフトウェアにSony a6300 XAVC S動画を直接にドラッグ·アンド·ドロップできる、また「+」ボタンをクリックして、プログラムにXAVC Sファイルをロードすることができます。

ステップ2:FCP支持の出力形式を選択
Apple ProResはFinal Cut Proの完璧な支持の形式ので、「フォーマット」バーをクリックして、「Final Cut Pro> Apple ProRes 422(*.mov)」形式を選択してください。

ヒント:必要する場合では、「設定」ボタンをクリックして、ビデオサイズ、ビットレートとフレームレートなどの適切なビデオ/オーディオのパラメータをカスタマイズすることができます。

ステップ3:Sony a6300 XAVC SをProResに変換
右下の「変換」ボタンをクリックして、Mac OS XでSony a6300 XAVC SをFCP 7/X支持のProRes .movに変換することが始めます。

変換終わりに、Apple Final Cut Proを運行して、この“File -> Import -> Files...”順で、変換したXAVC Sファイルの保存地を開いて、Final Cut Proで編集したいのファイルを選択することができます。

文章を推薦:

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converter for Macをダウンロード Pavtube HD Video Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。