どうしたらCanon MXFビデオをCyberlink PowerDirectorへロード、編集?

Canonは、MXFを完全にAdobe Premiere、Apple Final Cut Pro、Avid Media Composer、Grass Valley EDIUSでサポートされていることを主張しているが、ここではCyberLink PowerDirectorを見ません。そう、PowerDirectorはXF105またXF300カムコーダで撮るのMXFを支持しません。構いません、Canon .mxf動画をPowerDirectorで編集したい場合、Pavtube HD Video Converterがベスト選択です。

Pavtube HD Video Converterを通して、簡単にCanon XF、Panasonic P2、Sony XDCAMカメラからのMXFビデオをAVI、MOV、MPG、TS等に変換できます。Canon MXFをCyberlink PowerDirectorへロードために、ただMXFビデオをPowerDirectorに変換ことがいいです。例えば:AVI、MKV、MP4、MOV、MPEG、VOB、WMV等々。

変換前に必要こと

1. MXF動画をハードディスクに転送。

2. Pavtube HD Video Converter ($35)を取る。ここでをクリックし、試用版をダウンロードしてください。試用版が期限がないですが、変換したのファイルでPavtubeロゴが付います。

Canon MXFMOVAVIMPGMP4に変換

ステップ1:Pavtube MXF 変換 PowerDirectorソフトを開く、MXFをソフトへロードしてください。このソフトはCanon XFシリーズ、Panasonic P2カムコーダ、Sony XDCAMカムコーダを支持します。

ステップ2:「フォーマット」ドロップダウン・メニューをクリックし、PowerDirector支持の形式を選択してください。Pavtube HD Video ConverterでMXFをAVI、MP4、MPG、MOV、TS等形式に変換できます。H.264 MOV形式はPowerDirectorベスト支持な形式です。

ステップ3:右したの「変換」ボタンをクリックし、Canon MXFをMOVに変換ことを始めます。変換終わりに、「開く」ボタンをクリックし、.movビデオを見えます。後でCyberlink PowerDirectorへロード、編集できます。

有用なヒント:

設定 – ボタンをクリックし、ビデオ解像度(1920×1080/1440×1080/1280×720/720×480)、ビットレート(1Mbpsから20Mbpsまで)、フレームレート(24p/30p)を設定できます。HD Video Converterで5.1 channelsの1080p HDを出力できます。

MXF動画をCyberlink PowerDirectorへロード

ステップ1:Cyberlink PowerDirectorを開く、ファイルをインポートします。

ステップ2:変換したの.movビデオを見て、「Open」をクリックしてロードできます。

じゃ、MXF動画をCyberlink PowerDirectorで編集できますね!別の情報をMXF話題へ見てください。

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converterをダウンロード Pavtube HD Video Converterをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。