GH4をFCP Xにロードのワークフロー:FCP Xは4K from GH4カメラからの4K動画を処理する?

パナソニックのGH4は、すべての期待を超えています。それはスチルカメラを装ってのプロの4Kビデオカメラです。それは、以前の静止画像装置であったないものを持っています。このブランドの新しいパナソニックGH4がリリース、多くのカメラマニアは、その鮮やかな機能を探検することを待つことができません。GH4は、静止画や動画を撮影するの分野で最も優れた。でも、人気のNELSと互換性がありません。FCP Xは一つの代表的なものので、Panasonic GH4で撮るの4K動画をFCP Xで編集ために、GH4 4K動画をProResに変換する必要です。

この素晴らしいカメラは、ビデオをより鮮やかになるし、動画の解像度が高いレベルに到達します。しかし、一部の顧客は、FCPXのようないくつかの編集ソフトで自分の生のビデオを編集したい、また品質には損失しない。彼らは4Kの鋭い品質の映像を得ることができるように、どのようにインポートの進行状況を処理するには?ほとんどの人はFCPXを使用することを好む、FCPXで編集するための最も適したフォーマットProResに自分の動画をトランスコード必要です。

FCPには、NELsの一つの種である、Apple社製自分の限られたビデオフォーマットを支持しているので、あなたがFCPにいくつかの他の録音をインポートすることは難しいです。4Kビデオのほかに、XAVC MXFAVCHD MTSこのような等をサポートされていません。

FCPXで編集する際に、どうしたらオーディオ混合の問題を解決するには?

オーディオの問題は、多くの理由によって引き起こされることがあります。可能な最大は、変換中に、複数のオーディオトラックが混ざっています。もちろん、サードパーティのコンバータアプリはこの種の問題を解決することができます。しかし、オーディオが鋭い品質も保持される、一方で問題を無しに解決することができる、私はPavtube HD Video Converter for Macをお勧めしたいと思います。

Pavutbe公式サイトに移動し、Mac GH4 4K動画変換ソフトを正しいダウンロード、インストールしてください。「ファイル」>「ビデオをロード」をクリックして、あなたの4Kビデオをロードできます。このプログラムにロードするためにの非常に簡単な方法は直接にドラッグすることです。後で、「フォーマット」をクリックして、「Final Cut Pro」>「Apple ProRes 422 (*.mov)」を出力としてを選択してください。 

その後に「設定」UIにアクセスして、オーディオチャンネルには「Stereo」また「5.1 channel」を選択してください。あなたの生の映像中でオーディオトラックの数が非常に分からない場合、ソフトのメインインターフェイスで「プロパティ」をクリックして、詳細情報を表示します。

GH4 4Kビデオを変換するだけでなく、他のビデオフォーマットは、このビデオコンバータにインポートすることができます。信じられないほどの品質で、ほぼすべてのビデオフォーマットをインポートと出力は、このアプリで実現することができます。あなたが他の編集ソフトで再びそれらを編集したくない場合は内蔵の「編集」はいくつかの簡単な編集を処理することができます。

すべての設置が終わりに、「閲覧」ボタンをクリックして、出力フォルダを選択し、大きな赤い「変換」ボタンを押して、GH4 4K動画をProResに変換することが始めます。そして、FCP XでGH44Kの録音を編集することは実現可能になります。また、「ツール」のドロップダウンメニューで、あなたは「オプション」>>「アクセラレーション」をクリックして変換をスピードアップすることができます。

文章を推薦:

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converter for Macをダウンロード Pavtube HD Video Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。