Corel VideoStudio Proで全部のファイルをインポート、編集するの方法

私は本当にビデオ編集するためのCorel VideoStudio Proが好きです。私は今、4年間にそれを使用してきました。私はPanasonic Lumix DMC-ZS60から30pと24pで4K/UHDビデオまた1080/60pでのMPEG-4とAVCHDファイルをCorel VideoStudio Proで編集したい時、残念ながら、それは本当に落ちます。これは非常に厄介な問題です。Corel は私のパナソニックのビデオを認識していません。私もカメラからカードを取り出し、私のラップトップにそれらを転送します。でも、プログラムは、それらをインポートすることもできません。誰が良い方法を持っていますか?

しかし、あなたはCorel VideoStudioによってサポートされているファイル形式をチェックすると、AVI、MPEG-1、MPEG-2、AVCHD、MPEG-4、H.264、BDMV、DV、HDV、DivX、QuickTime、RealVideo、Windows Media Format、MOD (JVC MODファイル形式)、M2TS、M2T、TOD、3GPP、3GPP2等の多くの動画がすべてサポートされています。なぜMPEG-4、あなたのPanasonic LumixからAVCHDビデオはCorel VideoStudio Proにインポートすることはできませんか?

この問題を解決したい場合、一つのオール・イン・ワン動画変換ソフトが必要です。ここで、Pavtube Video Converterをお勧めします。このプロのビデオコンバータを通して、1080p/720p MKV、MOV、MXF、MTS、VOB等のほとんどすべてのビデオフォーマットをCorel VideoStudio Pro AVI、WMV、MPG...形式に変換することができます。以下の手順に従って、自由かつ簡単にCorel VideoStudio Proへ変換したファイルをインポートできます。

  

手順:Corel VideoStudio Proためのオール・イン・ワン動画変換ソフト

ステップ1:Pavtube Video Converterを無料にダウンロード、インストール、開いてください。注:購入する前に試用することは支持します。

ステップ2:「+」ボタンをクリックして、Corel VideoStudioためのあなたが変換したい任意のビデオをロードしてください。

ステップ3:「フォーマット」をクリックして、Corel VideoStudio Pro支持の形式を選択してください。ここで、あなたはをavi、wmv、mpg形式を選択することができます。

ステップ4:「鉛筆アイコン」ボタンをクイックして、Corel VideoStudioに変換する前に、ビデオを編集できます。ここで、トリム、クロップ、テキスト/画像/ビデオ透かしを追加、字幕を挿入、ビデオに特殊効果を追加等の編集機能を実現することができます。

ステップ5:すべての設定が行われた後、「変換」ボタンをクリックして、すぐにオールインワンの変換を開始します。数分後、あなたはデスティネーションのフォルダであなたはCorel VideoStudio Pro支持の形式(avi、WMV、MPEG)のビデオを取得します。

ステップ6:ファイルビデオをCorel VideoStudio Pro実行可能な形式に変換した後で、あなたは簡単に何の問題もなくで、Corel VideoStudio Proに編集するためにインポートすることができます。あなたは良い編集の経験を持っている願っています。

文章を推薦:

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube Video Converterをダウンロード Pavtube Video Converterをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。