DVDシーンをProResに変換して、Mac上にFinal Cut Proで編集

 “私はDVDをProRes(LT)にデコードしたいので、私は映画史教育シリーズの一部を月に数回を提示して、私は映画を投影したり、特定のシーンを編集することができます。どのソフトウェアは、お勧めします?”

DVDをProRes LTコーデックにリッピングするために、まずDVDの保護を削除する必要があります。その後、Final Cut Proで編集するためにDVD映画をApple ProRes LTにトランスコードしてください。

これを実現するために、あなたは、Mac上で効率的なDVDをFCPに変換ソフトが必要です。Pavtube DVDAid for MacはDVD映画をFinal Cut Proと最も互換性があるのコーデックとしてのProResコーデック(422シリーズ、4444)に変換できるの専門家です。

  

注意:あなたは、MacでFCP 7また以上のリリースをインストールする必要があります。それ以外の場合は、変換が失敗することがあります。

Final Cut Proで編集ためにDVDをApple ProRes 422 LTに変換

ステップ1:DVDディスク、DVDフォルダ、IFO/ISOイメージファイルをロード
ROMにDVDディスクを挿入、「ファイルをロード」ボタンをクリックして、ROMから直接にDVDディスクをインポートすることができます。あなたがIFO/ISOまたDVDフォルダを持っている場合は、対応するオプションを選択して、コンピュータからDVDムービーをロードすることができます。

お使いのDVDのメインタイトルがデフォルトでチェックされます。それでは、形式を選択してみましょう。

ステップ2:Apple ProRes 422 LTを選択
「フォーマット」をクリックして、“Final Cut Pro>Apple ProRes 422(LT)(*.mov)”を選択してください。

ステップ3:ビデオ&オーディオ設定を調整(オプション)
デフォルト設定に満足していない場合は、「設定」ボタンをクリックして、ビデオサイズ、ビットレートとフレームレートを調整することができます。

ステップ4:DVDをProRes 422 LTに変換
右下の大きい「変換」ボタンをクリックして、DVDsをProRes LTコーデックに変換することが始めます。暫くして、変換終わりに、「開く」ボタンをクリックして、変換したのProRes LTファイルが取れます。後で、あなたはDVD映画をFinal Cut Proで編集することができます。

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube DVDAid for Macをダウンロード Pavtube DVDAid for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。