Canon C500 4K RawをProResに変換 - C500 4K RawをFCPXでスムーズに編集

概略:MacでC500 4K RawをFCPXに編集したい、しかし、あなたのMacは支持しない、どうしようか?この場合は、ProResに4Kを変換する必要があります。

Canon EOS C500にはより多くの情報を扱えるRAWで記録しておけば、撮影後の色調整を行うグレーディングの自由が広がり、映像をより高品位に仕上げることができます。大型映像を必要とする映画やテーマパーク映像、イベント映像の4K収録だけでなく、現在の劇場作品の2K仕上げに対しても、高品位な2K映像を作り出すために4K素材を活用することが可能です。今後、増加が予想できる、さまざまな4Kニーズに対応するべく、EOS C500では4K/2K出力を可能にしました。しかし、ポストプロダクション時に、4K Rawファイルを扱うことは、GPU処理の膨大な量を必要します。つまり、FCPXのようなNLEシステム編集ソフトが4Kコンテンツ(さえ4K HFRを60Pにアップ)を処理できないです。したがって、あなたはMac上でFCPXでC500 4K Rawを編集することは非常に難しいです。

FCPXでCanon C500 4K Rawファイルをスムーズに編集したいしますか?今、良い方法をご説明します。4K RawをFinal Cut Pro支持のProRes 422に変換することはベスト方法です。どうしたらCanon C500 4K RawをProResに変換Mac 4K Video Converterをお勧めします。このソフトを通して、Canon C500 4K Rawファイルを無劣化、速いにFinal Cut Pro支持のProRes 422に変換することができます。

ヒント:WindowsユーザーにはSony Vegas、Adobe Premiere等でCanon C500 4K Rawファイルを対処問題がある場合、4K Video Converter for Windowsをご推薦しております。

  

どうしたらCanon C500 4K RawビデオをProResに変換?

Canon C500 4K Rawをソフトにロード

Pavtube 4K Video Converter for Macをダウンロード、インストール、開いてください。「ビデオをロード」また「フォルダーよりロード」アイコンをクリックし、XAVCビデオをソフトへロードできます。ところで、同様にファイルをドラッグ&ドロップすることができます。

Apple ProRes 422が出力形式としてを選択

4K Rawファイルをロードした後で、4K RawファイルをFinal Cut Proで編集したい場合、「フォーマット」ドロップダウン・メニューをクリックし、Final Cut Pro >> Apple ProRes 422 (*.mov)を出力形式としてを選択してください。あなたは品質の損失の問題を心配する必要はありませんので、このスマートコンバータは自動的に、オリジナルの4Kの品質を保持します。

注:お使いのMacが4K映像が支持しない場合は、4Kを2K/1080Pにダウンスケールすることは良いです。あなたは簡単に「設定」ボタンをクリックして、出力ビデオの解像度を調整することができます。

Canon C500 4K RawファイルをFCPXで編集

設定が完了したら、右下の「変換」ボタンをクリックして、4K RawをProResに変換することが始めます。しばらく待ってください。その後、変換された4Kファイルを簡単にFCPXにインポートすることができます。今それを試してみましょう!

文章を推薦:

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube Video Converter for Macをダウンロード Pavtube Video Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。