Canon 6D 1080P動画をFCP で編集ため、ProRes 422に変換する

Canonはフルサイズ・デジタル一眼レフカメラのラインに新しく入門機を発表した。Canon 6Dは12月上旬に市場に出荷される。もっと小さいAPS-C撮像センサーを利用しているCanon 7Dに比べて、6Dは機能、価格両面で魅力的な代替案だ。撮像素子はフルサイズで20.2メガピクセル、11点測距のオートフォーカス。またCanonによれば、低照度環境での感度はこれまでのどのモデルよりも優れているという。画像処理には5D MarkIIIにも用いられている最新のDigic 5+プロセッサーが採用された。連続撮影は高速モードで4.5コマ/秒。防塵防滴処理が施されている。ビデオは1080pで30fps、720pの場合、 60fpsまで可能だ。

Canon 6Dで撮るのビデオはH.264 MOV形式ファイルです。でも、Canon H.264 MOVをFCPで編集したいとき、問題があります。なぜですか?原因はコーデックです。Apple Final Cut ProベストコーデックはApple ProResです。Canon 6Dで撮るのビデオはH.264コーデックです。だから、Canon 6D MOVをFCPでスムーズに編集できません。

どうしたらCanon 6D 1080P/720P動画をFinal Cut Proへロード、編集?ベスト方法はCanon 6D 1080P/720PビデオをApple ProRes 422に変換です。次のガイドでCanon 6D 1080P/720PをProRes 422に変換の方法をご説明します。後でCanon 6D 1080P/720PをFinal Cut Proで編集できます。

ステップ1:Pavtube HD Video Converter for Macをダウンロード、インストール、開いてください。

Pavtube HD Video Converter for MacがMacでCanon 6D動画変換ソフトです。「+」ボタンをクリックし、Canon 6D MOV動画をロードできます。

ステップ2:「フォーマット」ドロップダウン・メニューをクリックし、出力形式を選択できます。HD 1080pビデオなら、「Final Cut Pro > Apple ProRes 422 (*.mov)」をお勧めします。小さいファイルサイズを希望する場合、「Apple ProRes 422 (LT)(*.mov)」を選択してください。「Apple ProRes 422 (Proxy)(*.mov)」はSDレベル、480i/p、576i/pを提供します。Apple ProRes 4444(*.mov)」形式のファイルのサイズが大きいですので、家庭用ビデオの製作にはお勧めできません。別に、「QuickTime Movie Format」でApple Intermediate Codec (*.mov)もいいです。

ステップ3:必要ならば、「設定」 ポタンをクリックし、オーディオとビデオのパラメータを調整できます。その中に、コーデック、サイズ、フレームレート、ビットレート、サンプリングレート、オーディオチャンネルを調整できます。

ステップ4:「変換」ボタンをクリックし、Canon 6D MOV動画をApple ProRes 422 codecに変換ことを始めます。変換終わり、「開く」ボタンをクリックし、変換したのファイルを取れます。後でCanon 6D MOV動画をFCPにロードできますね!

別に、このソフトはほとんどのCanonカメラを支持します。Canon 5D Mark III MOV 変換 FCP X、Canon EOS 7D 変換 FCP X、Canon 5D Mark II 変換 FCP X、Canon 1D Mark IV 変換 FCP X、Canon EOS 50D/60D 変換 FCP X、等々。

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converter for Macをダウンロード Pavtube HD Video Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。