Canon 5D Mark III MOVをFCP X用のApple ProResコーデックに変換

フルサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフ機「EOS 5D Mark III」が今年3月下旬で発売しました。EOS 5D Mark IIIは35mmフルサイズ、高画質で描写できます。映像記録方式:MPEG-4 AVC/H.264。記録形式:MOV形式。記録サイズとフレームレート:1920×1080(Full HD)、1280×720(HD)、640×480(SD)。

今、多い人はEOS 5D Mark IIIがあるですが、MOV形式のFull HD 1080P動画をFCP Xで編集できません。Final Cut Pro X良く支持の形式はApple ProRes 422 Codec MOV形式です。でも、Canon EOS 5D Mark III撮るのビデオ形式はH.264 MOV形式です。だから、MacでFinal Cut Pro XでH.264 MOV動画を編集ために、5D Mark III MOVをProRes 422 MOVに変換する必要です。次は5D Mark III動画をFCP Xに変換の操作ガイドです。

1. Pavtube HD Video Converter for Macをダウンロード、インストールしてください。このソフトは多い形式を変換できます。例えば:MOVをFCP X用のProRes 422に変換AVCHD MTSをAIC iMovie/FCEに変換、等々。

2. Canon 5D Mark IIIで撮るのMOVビデオをMac 5D3動画変換へロードしてください。

3. 「フォーマット」ドロップダウン・メニューをクリックし、出力形式を設置します。Canon 5D Mark III MOVファイルをFCP Xに変換ため、お勧め出力形式は「Final Cut Pro > Apple ProRes 422 (*.mov)」です。

4. 必要ならば、「設定」 ポタンをクリックし、オーディオとビデオのパラメータを調整できます。その中に、コーデック、サイズ、フレームレート、フレームレート、サンプリングレート、オーディオチャンネルを調整できます。

5. 「鉛筆ようなボタン」をクリックし、文字の追加、イメージのウォーターマーク効果、2Dを3Dに変換、等の効果が簡単に実現できます。ビデオの編集、カット、オーディオの入れ替え等も簡単です。

6. 「変換」ボタンをクリックし、Macで5D3 MOVをFinal Cut Pro X用のProRes 422 MOVに変換ことが始めます。この5D Mark IIIをFinal Cut Pro Xに変換ソフトはあなたの必要な形式に変換できます!

さらに、Canon PowerShotとEOS DSLRカメラで撮るのMVIファイル、MOVファイル;Canon XF100、XF105、XF300、XF305、Canon EOS C300で撮るのMXFファイル;またIVISカメラのAVCHD MTSファイルも変換できますね!体験しましょう!

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $35
無料にPavtube HD Video Converter for Macをダウンロード Pavtube HD Video Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。