AVCHD/AVCHD LiteをiMovieに読み込む – どうしたらMTS/M2TS AVCHDをiMovie用のAIC MOVに変換?

Apple会社は、iMovie'09/11が、ほとんどの一般的なDV、MPEG-2、MPEG-4、H.264、AVCHD、AICを含むの使用されているビデオコーデックをサポートしていると主張しています。しかし、広い範囲のメディアタイプので、これらのメディアタイプの異なるメーカーのビデオストレージので、すべてのAVCHDビデオカメラは、iMovie'09/11と互換性があるではありません。例えば:AVCHD Lite。だからこそ、いつも“私は iMovieにAVCHD Liteをインポートすることができませんでした...”等ような質問を見えます。 DMC-FT1、DMC-FZ35、DMC-FZ38などのPanasonic Lumix使用者にとって、AVCHD Liteは使い慣れた用語です。ポイントに戻る、AVCHD/AVCHD Lite MTS/M2TS動画をiMoiveで編集したい場合、解決方法は何ですか?

1080p AVHCDまた720p AVCHD LiteビデオをiMovieで編集ため、Pavtube MTS iMovie Mac 変換 はお勧めソフトです。このソフトを通して、MTS iMoive 変換M2TS iMoive 変換AVCHD Lite iMovie 変換することを支持します。次のガイドでAVCHD LiteをiMovie AIC MOVに変換ことをご紹介します。

ステップ1:Pavtube AVCHD Lite iMovie 変換ソフトを無料にダウンロード、インストール、開く
ソフトを開いて、「ビデオをロード」また「フォルダーよりロード」ボタンをクリックして、変換したいAVCHD MTS、M2TSファイルをロードします。AVCHD MTS、M2TSファイルをロード後に、右のプレビュー窓で再生できます。動画を再生時、スナップショットすることができます。複数のAVCHD動画を結合したい、「一つのファイルに結合」を選らんでください。

ステップ2:「Apple Intermediate Codec (AIC) (*.mov)」をiMovie用の出力形式としてを選択
AVCHDをiMovie AIC MOVに変換ため、「Apple Intermediate Codec (AIC) (*.mov)」形式を選択してください。「フォーマット」ドロップダウン・メニューをクリックし、「iMovie and Final Cut Express > Apple InterMediate Codec (AIC) (*.mov)」を選択できます。

ちなみに、Mac AVCHD Lite iMovie 変換ソフトはFinal Cut Pro用のApple ProRes形式も支持します。Final Cut ProでAVCHD/AVCHD Lite動画を編集ため、AVCHDをApple ProRes 422に変換で、あなたは詳しく操作方法を見えます。

ステップ3:オーディオとビデオのパラメータを調整
Mac MTS MOV 変換ソフトMTSをiMovie AICに変換変換前に、オーディオとビデオのパラメータを調整できます。「設定」ボタンをクリックし、コード名、アスペクト比、ビットレート、フレームレート、サンプルレートとオーディオチャンネルなどを設定できます。低ビットレートを設定した、あなたが得るファイルのサイズが小さく、出力ビデオの品質が低いです。

ステップ4:AVCHD/AVCHD LiteをAIC MOVに変換
「変換」ボタンをクリックし、MTSをiMovie AICに変換ことを始めます。完璧なオーディオとビデオの同期技術で、Mac AVCHD 変換ソフトは市場でベストソフトです。変換終わりに、「開く」ボタンをクリックし、QuickTime AIC .movファイルを見えます。後で、AVCHD/AVCHD Lite MTS/M2TS動画をiMoiveで編集できます。

試用し、購入し、準備ができますか?

価格: $29
無料にPavtube MTS/M2TS Converter for Macをダウンロード Pavtube MTS/M2TS Converter for Macをご購入

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスはウェブ上には掲載しません。必要な入力ところは“*”マークされています。